欧州では、オリーブオイルに含まれるポリフェノールが、科学的根拠ありとされ健康に役立つ旨の表示が許可されました。

MENU

オリーブのパワー

 

サンオレアには、オリーブOPXという地中海沿岸原産オリーブ由来の成分が配合されています。

 

オリーブは、医学の父と言われ哲学者でもあったヒポクラテスの古代ギリシャ時代から、食用として利用されていました。

 

オリーブ油を調理に使い、魚介類、野菜、果物をよく使い、ワインを飲んでいた地中海沿岸の人々の食事は、健康に良いということで欧米で研究されました。
そして肉食が多い欧米の人々の生活習慣改善のため、ハーバード大学なども研究に加わり、オリーブ油を中心とした伝統的な地中海式ダイエットをベースとした食生活指針も作られています。

 

オリーブの実

オリーブ油は、主要な植物油のほとんどが種子から搾りだされているのに対し、果実をすり潰して搾るだけで採れます。そして育ちの良い新鮮なオリーブから採り化学的処理や脱色脱臭などを一切行っていないものは、バージンオイルと呼ばれています。

 

さらにそのバージンオイルの中でも酸度が0.8%以下で、官能試験でも「完全な味と香り」と認められている高品質のものがエクストラバージンオリーブオイルです。
精製が必要ない新鮮で良品なオリーブの果実を搾ったままのものなので、オレイン酸以外にもポリフェノールのヒドロキシチロソールやビタミンE、βカロチン等、健康に良い成分が天然のまま豊富に含まれています。

 

ですが、そのエクストラバージンオリーブオイルでもオリーブの重要な成分は絞りきれていないのです。オイルを搾った後の実に残されるのはポリフェノール=稀少な健康成分です。

 

その稀少な健康成分を凝縮したものがオリーブOPX。オリーブOPXを含むサンオレアは、1日4粒でオリーブポリフェノールを摂取することが出来ます。

 

 

2012年から欧州では、美容や健康維持に役立つ食材成分が吟味され、科学的根拠がしっかりしたものに健康に良い旨の具体的な表示ができるようになりましたが、厳しい基準で多くの素材が科学的根拠に乏しいと判断される中、オリーブ油に含まれるポリフェノールは、科学的根拠ありとされ健康に役立つ旨の表示が許可されました。

 

現在では世界各地で、生活習慣の改善をサポートする健康に役立つ成分としてヒドロキシチロソールというオリーブのポリフェノールが注目されています。

 

サンオレアではこのオリーブ果実から抽出しポリフェノールを豊富に含むオリーブOPXというエキスをエクストラバージンオリーブ油と同時配合することで、オリーブパワーが効率よく発揮できるように工夫されています。