健康効果・美容効果も見込むことができるオリーブの特性とは?

MENU

オリーブのある生活

 

今では私たち日本人にとってもすっかり馴染み深い存在となった「オリーブ」ですが、日常生活にオリーブを取り入れる事でさまざまな健康効果や美容効果を得られる事が分かっています。

 

オリーブとは

オリーブは地中海沿岸部を原産とするモクセイ科の常緑高木の事で、そこに生る果実はピクルスやオリーブオイルなどに加工されて主に食用として利用されています。
日本では香川県小豆島で栽培されるオリーブが有名ですが、現在では香川県だけでなく岡山県や兵庫県、九州地方などでも栽培されています。

 

オリーブは現在、食用としてだけでなく乾燥肌対策や美容目的でも利用されており、その高い美肌効果保湿効果にも注目が集まっています。

 

オリーブの原産地としても知られる地中海沿岸部では心臓病をはじめとした生活習慣病の発生率が極めて低く、この地方で受け継がれてきたオリーブやオリーブオイルを中心とした食生活がさまざまな病気の予防に関連している事が判明しています。

 

そのため、オリーブのある生活を続けていけば美容効果だけでなく健康効果をも同時に得る事が出来るというわけです。

 

 

オリーブを使った料理の数々

オリーブを生活に取り入れる「オリーブライフ」を充実させるためにはオリーブを使ったさまざまな料理について知る事が大切です。

 

一般的にオリーブから抽出されるオリーブオイルは「万能オイル」として知られており、基本的にはどのような料理にも使用することが出来ます。
調理用オイルとしてはもちろん、食卓に出された料理の上からそのままオリーブオイルをかけて食べるというのも地中海沿岸部ではポピュラーな利用法となっています。

 

特にパスタやリゾットのような料理にはオリーブオイルを上からかけて食べるだけでもうまみが引き立つので非常に食べ易くなります。
また、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているオリーブオイルはサラダとの相性もバッチリなので上からたっぷりオイルをかけて塩コショウをまぶせばドレッシングの代わりにもなるのでオススメです。